2016年10月21日

「パサートヴァリアントRライン」と「ダッジデュランゴシタデル」

 

皆様 こんばんは!

さいたま市中央区で一台一台に愛情を込めて

お車のコーティング施工をしています ショーカーズ  です。



VW パサートヴァリアント R-line オリックスホワイト×2 !

DSC07251.jpg


手前は弊社のデモカーのpassat r-line ですが、気に入り過ぎてもう一台買ってしまいました!!

義理の弟が、ですが・・・まったく一緒お揃いです!今度2台並んでドライブにでも行こうと思います。(笑)


今回は、2台仲良く並べて作業してみました。(^0^!


DSC07246.jpg


そんな義理の弟の新車を下地から整え直して!塗装表面を最高の状態にしてからコーティング!!


DSC07247.jpg

DSC07243.jpg


施工前とは別格な上質な輝きに仕上がりました!! \(^o^)/


DSC07259.jpg

DSC07254.jpg

完成車両を見た弟夫婦も、なんで?こんなに新車が綺麗に変わるの??と 驚いていました。\(^o^)/

新車でも、下地をキッチリと整え直してからおこなう専門店のコーテイングは輝きも汚れにくさも別格なのです!!


そしてそして、新車の ダッジ デュランゴ シタデル!

024.jpg


最近評判の 内装皮部分のコーティング! エシュロンフォーレザー!!を

内装皮部分全部施工でご用命いただきました。


商品説明

内装素材の中でも最もデリケートな素材の一つが本革シートなどの皮革素材です。その中にも人工皮革から本革まで様々な素材や加工の種類が存在し、汚れやすく手入れが難しいというのが共通の欠点です。従来、革素材のお手入れは、クリーニングとその後に革の保湿を目的としたトリートメントケミカルを使用することが一般的ですが、汚れを防ぐという点ではあまり効果は期待できません。ボディのようにガラス被膜のような強力な保護被膜を形成できればと考えますが、皮革素材とのマッチングは難しいことでした。 ECHELON for Leatherは、そんな皮革素材の風合いを損ねることなく、ガラス被膜で表面を保護するこれまでにない画期的なコーティング剤です。

ECHELON for Leather (powered by Zen-Xero)の性能

皮革の風合いを損なわない非結晶ガラス被膜

従来の塗装面用ガラス被膜コーティングは、強固なガラス被膜を形成し、保護力に優れますが、皮革表面で単一固体になった場合にはその柔軟性に追従できず、ひび割れや剥がれが発生してしまいます。ECHELON for Leatherは、ガラス被膜の中でも特殊な構造を持つ非結晶タイプの被膜で、革本来の持つ多孔質の性質を阻害せず柔軟に追従し、しかもガラスとしての保護力を発揮、デリケートな皮革表面の防汚性を格段に向上させます。


作業が完成したデュランゴは内装皮部分全て良い風合い!とともに

汚れにくい!お手入れ楽々〜〜!な車内に仕上がりました!!

021.jpg

014.jpg

017.jpg

019.jpg

016.jpg

ショーカーズに ご用命いただきありがとうございました。


誠に勝手ながら明日10/22(土曜)は臨時休業とさせていただきます。

10/22(土曜)23日(日曜)は連休になります。

ご迷惑お掛け致しますが、何卒宜しくお願い致します。


posted by ショーカーズ at 18:45| 施工事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする